>

2009年02月12日

     
     
穏やかに  遮断した世界
    大自然に包まれて 抱かれて生きよう
   
       母性なる光と  父性なる道しるべ
     溢れんばかりの  愛の光が天から注いで
    
        違和のない  緑の森へ

     時の間に捨てた涙   今   よみがえる


涙


板 ポスカペン(33p×29p)
posted by タラ at 16:37| Comment(4) | 絵と詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです! やはり体調が悪かったんですね。以前大病の経験もあるということでしたし・・・。お大事に。
私も右目を少し傷めて、日射しが強い時はサングラスしてます。当分不便です。

きょうの詩はちょっと難解ですね(笑)。いや、いいんですよ、気持ちのままを書かなきゃ意味ないですから。
やはり部分的に物語性があって・・・閉じ合わされたまつげが青くて・・・打たれます。
Posted by どぶお at 2009年02月13日 11:48
こんにちわ!いつもコメントくださって本当にありがとうございます。外科的、内科的にあちこち痛んだり、いろんな悩みが(笑)… なので絵は休んでました。お気遣いありがとうございます。嬉しいです。どぶおさんサングラス似合いそうですね。お大事になさってください。
最近は描きたいテーマもなかなか閃かず(笑) これは描きたくて、途中までは描いてあったのですが、なかなか進まず。 
今回の絵、詩、ちょっと意味不明ですよね…(笑)実はこの絵のイメージは、どぶおさん、です(笑)
勝手にタイトルにHNをつけたらご迷惑かなと。 勝手にイメージで詩もつけてます。ごめんなさい(笑)…そして、気になることは、果たして、けいいちさんの癒しになれたのだろうか…ということです(笑)…全く自信ないです。ごめんなさい、また描きます(笑)  
Posted by キノコ at 2009年02月13日 15:24
いいね、この絵、気に入った。
なんか、楽しくなる絵だね。
σ(・・。)には、これは砂漠のオアシスで見つけた、冷たく冷えた、果物やお菓子の絵に見えた。
それに、真ん中の右端のピンクの球体のようなものが、とっても綺麗な大きなキャンディー。
透けて向こうが見えるんだけど、そこにキャンディーの一つ一つの筋が光を反射してるって、そんな感じ。
この1個のピンクの球体みたいなものが加わるだけで、全然絵は変わってしまう。
この絵は、全体に生きてるって躍動感を感じる。
いい。
(*・・)ノ
Posted by けいいち at 2009年02月17日 16:46
けいいちさん、こんばんわ!コメントありがとうございます!多少は癒しになりましたでしょうか(笑)  絵の解釈を読ませていただいて、なるほどなあ…!と感心させてもらってます。色々な解釈の仕方があるんだなあと改めて嬉しく思っています。ホントだ!砂漠の果物みたいですね…!
この絵ですね、自分で言うのはかなり変なんですが、今までとちょっと違った感覚で、自分でも見ていてちょっと楽しくなります(笑) 
Posted by キノコ at 2009年02月17日 18:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
結婚出会い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。